TOP > 各種報告 > 復興支援活動活動報告

復興支援活動活動報告

全消協復興支援活動として、現地活動を行った第1陣より報告がありましたので、掲載いたします。また、自治労福島県本部機関紙に、全消協復興支援活動の様子が掲載されました。

香川県消防職員協議会

会長 日本 敏春

全消協復興支援活動第1陣として、四国ブロックより4人で参加した。

初日は東京駅に集合し、バスでベースキャンプに移動したのち、全体会議を行った。その後作業グループごとに分かれて活動内容について説明を受けた。私たち全消協の担当は、避難所にある物資の輸送・梱包となり、全消協の4人で深夜まで翌日からの準備を話し合った。

翌日からは本格的な作業に入り、福島県浪江町東和避難所において、物資の輸送および梱包作業を行った。体育館内には、山積みにされた大量の古い毛布や(古い毛布にはダニがいてバルサンで駆除しなくてはならない位のもの)箱積にされている支援物資そして古い畳があり、それらを梱包し20km離れた別の保管場所に2tトラックで輸送、保管する作業を繰り返し行った。

大量の毛布等を梱包するボランティア参加者

大量の毛布等を梱包する支援活動参加者

確かにこういった作業は大変であるし、復興支援活動への参加を考えている会員の方々は、災害現場での活動を想定していると思う。だが、現地の方の要望を受け、その要望に最大限答えてあげることが必要とされているし、実際に現地では今回の活動に対して、「本当にありがとう」との言葉をかけていただけた。私は、このような作業も地域の復興に寄与しており、本当に大事な活動だと実感することができた。参加できたこと、そして現地でお世話になって方々に本当に感謝している。

自治労福島県本部機関紙.pdf

 

 

 

 

⇒東日本大震災「全消協復興支援活動」に戻る

ページトップへ