TOP > 各種報告 > 東日本大震災「全消協復興支援活動」

東日本大震災「全消協復興支援活動」

2011年3月11日14時46分に発生した超巨大地震による災害は、地震による建物倒壊のみならず、大津波、原発事故など、東日本一帯に甚大な被害をもたらした。
そして、この震災により1万8446人の死者・行方不明者と、40万人以上の避難者が発生した大災害となった。

全消協は、今年度の「全消協消防職員研究集会」開催を中止し、東日本大震災で被害に遭われた方々のため、そして、自らが被災者でありながら被災地で救命活動を続ている全消協の仲間のため、復興支援活動を最優先事項と位置づけ行動することを決定した。

 

東北地方太平洋沖地震の災害対応について

全消協復興支援活動をスタート

活動報告第1陣

活動報告第2陣(第6グループ)が活動開始

月刊連合に消防職員の救援活動が掲載される

第6G第1チーム報告

第7G第1チーム報告

第7G第2チーム報告

第8G第1チーム報告①

第8G第1チーム報告②

第8G第2チーム報告①

第8G第2チーム報告②

第8G第2チーム報告③

第9G第1チーム報告

第9G第2チーム報告

第10G第2チーム報告

第11G第1チーム報告

第11G第2チーム報告

第12G第1チーム報告

第13G第1チーム報告

 

ページトップへ