TOP > PSIの活動 > PSI東アジア小地域諮問委員会(EASRAC)in 東京

PSI東アジア小地域諮問委員会(EASRAC)in 東京

2018年5月9日・10日の二日間、東京・TKP市ヶ谷カンファレンスセンターにてPSI東アジア小地域諮問委員会(以下、EASRAC)が開催され、全消協から斉藤副会長、川上幹事、仲野特別幹事が参加した。

EASRACはPSI東アジア小地域の仲間が集まり、小地域内での行動プログラムの確認やPSIアジア太平洋地域諮問委員会(APREC)およびPSIアジア太平洋地域総会(APRECON)に向けての準備について議論する会議である。

会議では、竹内事務局長も参加したILOでの公共緊急サービスの新ガイドラインや、昨年のPSI世界大会において新たに設置されたPSI緊急サービスネットワークの行動計画について地域書記から報告があった。

全消協はこれまでPSIアジア太平洋地域消防救急労働者ネットワークに積極的に参加し活動を行ってきたが、新たに設置されたPSI緊急サービスネットワークへ移行することに伴い、今後は新たなネットワークにおいて活動することとなった。

また、東アジア小地域で共に活動する韓国消防発展協議会(FFDC)からパク会長も本会議へ参加しており、新たに設置されたネットワークへの関わりや韓国消防の現状についての意見交換をおこなった。

 

ページトップへ