TOP > 各種報告 > 総務省消防課長との意見交換

総務省消防課長との意見交換

(2003年12月8日・東京 総務省)

自治労が消防庁との意見交換の場を求め,そこに全消協執行部が参加する形でおこなった。全消協からは小林・迫副会長,山崎事務局長,伊藤事務局次長が,消防庁消防課からは幸田課長,加藤課長補佐,山田係長らが出席した。約1時間の会談で,「消防力の基準」の見直しにかかわり,基準の100%達成,消防サービスの格差の是正,人員資器材の増減についての判断基準の明確化,情報通信システムの設置基準,惨事ストレスへの対応などについて問題点を指摘するとともに,全消協の見解を述べた。

ページトップへ